齊木鍼灸整骨院

人に優しい東洋医学で自律神経とお肌と骨盤を整える

施術内容

もっと豊かに、楽しく。

「1人でも多くの方の笑顔を見れるといいな」

なんて本気で思ったりしています。

 

 

鍼灸適応疾患や、齊木鍼灸整骨院の施術コース・オプションについて、ちょこっと解説しています。

美容鍼灸や産後骨盤矯正、自律神経失調症や円形脱毛症、突発性難聴、PMS、不妊、肩こり、頭痛、腰痛だけに限りません。

いろいろなお悩みに対応させていただいておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

鍼灸適応疾患

WHO(世界保健機関)の作成リストに掲載されている疾患や、齊木鍼灸整骨院で実際にお受けしたご依頼も含めて、解剖学的系統別に分類しています。

作用機序については未解明な部分も多く、現時点で臨床試験に基づいた鍼灸の有効性のエビデンスは科学的に証明されてはいませんが、臨床経験においては、広範囲の症状に優れた成果が得られていることも紛れもない事実として存在します。

まだまだ認知度は低く発展途上の領域ではありますが、日本国内だけでなく世界的にも、鍼灸に対する関心が高まってきているようです。

 

 

運動器系疾患

肩こり、寝違え、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛、頚椎症、腰椎症、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、顎関節症、線維筋痛症、関節痛、関節リウマチ、腱鞘炎、スポーツ障害、骨折や捻挫等の外傷の後遺症

 

 

神経系疾患

自律神経失調症、不眠、めまい、起立性調節障害、過敏性腸症候群、うつ病、頭痛、歯痛、坐骨神経痛や帯状疱疹後神経痛等の神経痛、顔面神経麻痺、脳血管障害の後遺症

 

 

消化器系疾患

食欲不振、消化不良、胃痛、胃もたれ、胃酸過多、胃腸炎、機能性ディスペプシア、便秘、下痢、痔、胃・十二指腸潰瘍、肝機能障害

 

 

循環器系疾患

動悸、息切れ、冷え性、むくみ、高血圧症、低血圧症、不整脈、心臓神経症、動脈硬化症

 

 

呼吸器系疾患

気管支喘息、気管支炎、風邪の諸症状

 

 

代謝内分泌系疾患

甲状腺機能亢進症、貧血、糖尿病、痛風

 

 

生殖器・泌尿器系疾患

性機能障害、ED、腎炎、膀胱炎、前立腺肥大症

 

 

皮膚科系疾患

円形脱毛症、薄毛、AGA、FAGA、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎

 

 

耳鼻咽喉科系疾患

難聴、耳鳴り、耳管開放症、メニエール病、鼻炎

 

 

眼科系疾患

眼精疲労、ドライアイ、仮性近視、ものもらい

 

 

婦人科系疾患

生理痛、生理不順、PMS、不妊、子宮頚部異形成、更年期障害、逆子、つわり

 

 

小児科系疾患

かんむし、夜泣き、夜尿症、小児喘息、虚弱体質、チック症

 

 

箕面市の齊木鍼灸整骨院.jpg

 

 

施術コースについて

基本の施術コースは全部で4つです。

より高い水準の効果を目指したい方は、それぞれを組み合わせたり、オプションを追加することもできます。

 

 

整骨・整体【全身整体・骨盤矯正】

筋肉の緊張をほぐしたり、骨格のバランスを整えたり、手技による施術を行います。

物療機器は使いません。

たとえば、産後骨盤矯正や妊活整体、小顔整体、頭の整体は、こちらの整骨・整体コースに該当します。

 

 

鍼灸【心と身体に優しい東洋医学】

ツボ重視で鍼やお灸を施したり、こりや痛みのあるところにダイレクトにアプローチしたり、方法はさまざまです。

鍼だけ、お灸だけ、も可能です。

たとえば、育毛鍼灸・発毛鍼灸や妊活鍼灸、逆子のお灸は、こちらの鍼灸コースに該当します。

 

 

美容鍼灸【美容鍼とお顔の整体】

基本的に20本から30本の鍼をお肌に直接刺します。

お顔の整体も合わせて行います。

円皮鍼を用いたり、症状によってはお顔以外のところに、部分的にお灸をすえることもあります。

電気を流す美容鍼、ではありません。

 

 

小児鍼【接触鍼・刺さない鍼】

直接皮膚に刺すことはありません。

子ども向けの特殊な鍼で、お肌を優しくやんわりとなでるように施術を行います。

0歳から小学校6年生くらいまでのお子様が対象になります。

 

 

オプションについて

軸となる施術コースと合わせてお受けいただけます。

オプションのみ選択はできません。

 

 

施術時間延長

10分単位で、施術時間を延長することが可能です。

整骨・整体コースに適用します。

症状が重い、つらい部位が複数ある、さらに全身しっかりとケアしてほしい、もっとリラックスしたい、といった方に特におすすめです。

 

 

鍼灸追加

1部位単位で、局所的に鍼やお灸を追加することが可能です。

鍼灸の施術時間延長にも。

各施術コースに適用します。

症状が重い、つらい部位が複数ある、さらに全身しっかりとケアしてほしい、部分的に鍼灸も合わせて受けたい、といった方に特におすすめです。

 

 

パルス鍼【鍼通電】

刺入した鍼に低周波の電流を流します。

鍼灸コースの鍼施術に適用します。

 

 

円皮鍼

こりや痛みの緩和、施術効果持続を目的として。

美容鍼灸コースで取り入れることもあります。

 

 

テーピング・包帯

症状の改善・再発予防、スポーツにおけるパフォーマンス向上を目指して。

けがの処置や患部のサポートに用います。

 

 

美容鍼灸と小顔整体でお肌を整える (8).jpg