齊木鍼灸整骨院

人に優しい東洋医学で自律神経とお肌と骨盤を整える

円形脱毛症

「元気な髪の毛をはぐくむ」

頭皮にも休息を。

爆睡していただくもよし、です。

 

 

円形脱毛症

☑数か月たっても髪の毛が生えてこない

☑だんだん脱毛部の面積が大きくなってきた

☑脱毛斑の数が増えてきた

☑急に抜け毛が多くなったように感じる

☑頭皮が部分的に目立つところがある

 

症状

円形脱毛症は、単発型、多発型、蛇行型、全頭型、汎発型に分類されます。

単発型は、1つの脱毛斑ができる症状です。

多発型は、単発型から進行して発症することもある、2つ以上の脱毛斑ができる症状です。

蛇行型は、脱毛斑が後頭部や側頭部に細長く広がるタイプで、子どもによくあらわれる症状です。

全頭型は、いくつかできた脱毛斑が次第に大きくなり、最終的に髪の毛がすべて抜け落ちる症状です。

汎発型は、髪の毛だけでなく、全身の毛が全部抜ける症状です。

10円玉から500円玉くらいのサイズの脱毛斑ができる、単発型の症状が多く見られます。

 

ストレスによる影響が大きく、アトピー体質の方に多く発症しやすいとか、遺伝とも言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

しかし、最近では研究が進み、自分のリンパ球が自分の髪の毛を攻撃してしまう自己免疫疾患である、ということが有力視されてきているようです。

 

施術

主な施術方法として、はじめに脱毛部に鍼の先端で複数回軽微な刺激を与えます。

その後、数本の鍼を用いてしばらく患部に刺したままにする、置鍼も行います。

頚や肩まわりの筋緊張や身体の冷えは、頭皮の血流を阻害する原因の1つであると考えています。

頭部以外への鍼やお灸を組み合わせたり、鍼灸が苦手な方は頭の整体のみで対応させていただくことも可能です。

薬や注射による治療は、そのまま継続しながらでも問題ありません。

両方ともを同時に行う方が、症状的にも経過的にも、よい結果につながっておられるように思います。

 

より高い水準の効果を目指したい方、他にもいくつか症状をお抱えの方は、整骨・整体コースと鍼灸コースを組み合わせたり、オプションを追加することもできます。

 

頭皮の環境を清潔に保ち、睡眠サイクルを整えて、マイナス要因と言われている喫煙や暴飲暴食は控えること。

ストレスをため込みすぎないように、心身ともにリラックスできる時間をつくるようにしましょう。

 

基本的にお1人ずつご予約をお取りしてから、プライベート空間で施術を行っています。

齊木鍼灸整骨院みたいなところでもよろしければ何なりと、お気軽にご相談くださいね。

 

通院頻度

施術開始1か月前後は、1週間から10日に2回。

2か月目以降は、1週間に1回。

 

脱毛部にうぶ毛が生えはじめるまでは、特に初回から5回目くらいまでは、あまり間隔をあけすぎないことを推奨していますが、標準的な流れ、です。

通院ペースは、目標とするゴール、施術プラン、生活習慣、体質、年齢によって個人差があります。

ご依頼の内容や症状のレベル、経過次第では、少数回で終了することもありますし、数か月・年単位の期間を要することもあります。

 

症状の進行が止まらなかったり、広範囲に、身体全体的にまで及ぶような場合は、まずは医療機関の受診ををおすすめしています。

 

◎対応できる施術コース

 整骨・整体

 鍼灸

 

 

円形脱毛症に育毛鍼灸と頭の整体.jpg